Amblap Dance

アンブラップのダンスとは

Amblap が好んで踊っていたダンスですが、誰もが同じものではありません。

私が1967年頃からダンスと関わってきた結果であって Amblap のダンスを淘汰したものです。

サンバやフラダンスのようにダンスには明確な音楽とダンススタイルがあります。

Amblap のダンスは多すぎて、それぞれに合う曲とダンススタイルに特徴があり、さらに個人のダンス能力で違うために明確なものになっていないのです。

ダンス上手の Amblap は、その時代のダンスミュージックに合ったダンスを多く作ったのです。

曲調やライフスタイルで違うので,基本の動きは同じでもダンスのフィーリングはそれぞれ違うのです。


1982年にビクターレコード主催の Rick James の新曲イベントで流行のダンスを紹介している写真です。

この頃にはすでに Rick James の Give it to me Baby で Washing Mashine を踊っていました。

Washing Mashine はすでに1880年頃から踊っていたので、別の流行のダンスを紹介しました。

流行の曲に合わせてダンスが次々と生まれていたのです。

ダンスはどこへ

1985年頃には男女が向かい合って踊る社交ダンスの Amblap のダンスに変化が起きてきました。

ブレイクダンスやハウス、後にニュージャックと呼ばれるダンスが増えてきたのです。それもダンスではなく激しいパフォーマンスのスタイルです。

男女で呼吸を合わせて踊るより、クラブで個人やグループのパフォーマンスを見せることを好む人が増えてきたのです。

ソウルトレインのラインダンスや映画「サタディナイト・フィバー」などの影響で若者はショーダンスを ソウルな Amblap のダンスと思っているのです。

簡略化したダンスをショーダンスに取入れた芸能界の影響からですが、何時の時代も若者が主役のダンスですから仕方ないことなのです。

それは無縁のショーダンスとの融合となり、ダンスが運動やスポーツのようになってしまったのです。

ダンス人口は増えているのに、本当のダンスをできる人が少なくなっている不思議な時代になりました。

特に日本はダンスを楽しむのでは無く、ショーダンスの運動が楽しくて芸能界の真似はできるけど、クラブでは踊れないと言う不思議な世界になっています。