today

1981年に、当時 Amblap が好んで踊っていたダンスのダンススクールを東京で始めました。

その頃はディスコ時代と言われゴーゴーの時代の再来でした。

しかし、それは一般人の話で、昔から Amblap のダンスを好んで踊っていた人には特別ではないのです。

それにダンスと言うレベルのものではないものが多く、それを知ってもらいたいと開校したのです。

ダンスとは?

その当時、今回紹介しているダンスなどをレッスンしていました。

それとブレイクダンスと関連のあるポップロックも教えていました。

1983年に Rock Steady Crew が来日してからブレイクダンスが注目されるようになりました。

スクールでは生徒が増えずに存続の危機でしたが、ブレイクダンスで延命できました。

キッズダンスのブレイクダンスは身長が低く手足の短い日本人向きのダンスでもあるのです。

その理由か?ブレイクダンスの生みの親は Amblap ですが、ブレイキングが主流になると離れていきました。

キッズダンスだから面白い!

1985年頃から男女の社交ダンスから個人や男同士などでダンス楽しむ人が増えてきました。

それは運動量の多いダンスを生むことなりました。

そしてニュージャック・スイングの流行でニュージャックのダンスと呼ばれるようになったのです。

しかし、ダンス上手のMC ハマーのやり過ぎが間違いでした。

ヒップホップや早い曲で複雑に踊ったのが、若者には激しい体操のように見えてしまったのです。

それに行き場のなくなったブレイクダンサーが転向してきました。

Amblap のダンスだったニュージャックもダンス感覚のない激しいスポーツダンスにされてしまったのです。

ニュージャックを運動にしてしまったのでダンスの面白みがなくなってしまったのです。

ネタが無くなるとソウルダンスの名称でディスコダンスをするような状態になりました。

名付け親としては我慢できずに、サイトを始めたのです。

ニュージャックスイングの曲が一番合うダンス!

ポップスやユーロ、単調なビートのラップでは間違っても踊れないのです。

ダンスを知らない人は運動とダンスの区別がつかないのです。

曲と踊る人の感性でダンスは体操やシェイプアップ運動になってしまいます。


ダンスは曲が命

ダンスには曲が大切です。

なぜリズム&ブルースで多くのダンスが誕生したのか?

lesson のページで詳しく説明します。